よくある質問 - FAQ -

事業アイデアを応募するには、自己資金はどの程度必要でしょうか?

特に定めはありません。ゼロでもかまいません。

起業への支援に条件はあるのでしょうか?

法令等及び公序良俗に反する事業アイデアのご応募はお断りします。
また、原則として新潟県に本社(又は支社など)を置いていただきます。

応募してアイデアが採用されないこともあるのでしょうか?

採用されないこともあります。
ご提出頂いた応募書類を拝見し、当グループが支援を行いアイデアを具現化していくことが難しいと判断した場合は、早い段階でお手伝いの辞退をすることもあります。
ただ、ご提出頂いたアイデアが採用とならなかったとしても、見直したアイデアでの再応募及び新しいアイデアでの応募は歓迎しております。

応募したことが現在の勤務先に伝わることはありますか?

応募の秘密は厳守いたします。応募者様のお勤め先に対し連絡をすることはありません。
ただし、連絡先がお勤め先の電話番号などになっていますと、こちらからの連絡はお勤め先となりますのでご注意ください。

学歴で採用されないことはありますか?

学歴は採用基準とはなりません。

チーム起業とは、どのようなものでしょうか?

提出された事業アイデアが採択されたら、まず事業アイデアの提案者とNSGグループの企画本部でチームを組みます。このチームで、事業アイデアの再検討や市場調査、事業計画書・収支計画書の作成を進めながら、並行して事業賛同者(スタッフ)や資金提供者(主にNSGグループ内企業)などを集め、チームを増殖させていきます。最終的に、資金調達の目処がつき、事業計画の内容を池田塾長以下、NSGグループの幹部が了承したら、このチームで起業します。

事業アイデアは持っていますが、私は会社の代表(社長)タイプではなく、NO.2タイプです。それでも応募してよいですか?

歓迎します。NO.2、商品開発責任者、技術責任者など、事業に参加するときの役割については、事業アイデアを応募するときにお知らせください。チームに代表者がいない場合は、NSGグループ(従業員約1万人)の中から適任者を探します。

事業開発にあたっては、どんなサポートをしてもらえますか?

事業開発のサポートは、NSGグループ企画本部のスタッフが行います。たとえば、提出された事業アイデアが不完全なものであっても、将来の可能性が感じられれば採択し、採択後は、事業アイデアを作り直すために、事業開発ノウハウを提供しながら、一緒に事業計画を作成していきます。損益計画などの収支計画の作り方がわからない方には、作り方も指導します。

事業資金はどうやって用意するのですか?

NSGグループ企業からの出資、金融機関からの融資、補助金、クラウドファンディングなどをバランスよく組み合わせながら事業資金を調達します。そのために、成功確率の高い事業計画書を一緒に作ります。

事業開発が途中でストップしてしまうことはありますか?

十分にあります。事業を検討・開発していく途中で、何らかの理由で実現の可能性が低いと判断された場合は、事業開発を途中でストップすることもあります。その場合、チームは解散するか、他のチームと目的が合致すれば、そのチームに合流することもあります。

PAGE TOP

Copyright(C)2015 NSGgroup All Rights Reserved.